LCCのスチュワーデス

LCCのスチュワーデス - スチュワーデスについて

スチュワーデスについて

LCCのスチュワーデス

世界的に広がりを見せている「LCC=格安航空会社全般」ですが、スチュワーデスについても例外はなく、経費を抑えるにあたって中途採用を主としての採用体系を取っているところが多いようです。

サービス品質は簡略化の影響でやはり高い評価は得がたく、サービスは運行価格によって還元する、という立ち位置での事業展開を行っています。

LCCのスチュワーデス

苛烈な価格競争の為に廃業に追い込まれた航空会社も多くあり、スチュワーデスの接客向上という観点から見ると逆行した運営体系を取っているといえます。

とはいえ、LCCは日本にも次々と参入してきています。
国内企業と比べると半額以下の運賃はやはり魅力であり、今後さらに需要もフライト本数も拡大が見込まれます。

アジア圏ではエアアジアが有名ですが、エアアジアのスチュワーデスは赤一色のスーツを着用して接客を行っています。

男性スタッフも多く搭乗しており、日本企業とは未だ一線を画しています。
ちなみに、男性はブラックスーツを着用し、赤と黒のコントラストを会社のカラーとしているようです。

この色使いは個人的には好みなのですが、LCCの拡大は喜ばしいことばかりではありません。
日本のスチュワーデスも、いづれは現状以上の簡素化、サービス品質を下げる対応を迫られるのかもしれません。