スチュワーデスになるには

スチュワーデスになるには - スチュワーデスについて

スチュワーデスについて

スチュワーデスになるには

スチュワーデスになるには

国内、海外を問わず、スチュワーデスの採用試験では、身長・視力など一般的には求められないような条件も含まれています。

学歴については国内ではおおむね短期大学以上の卒業が必須ですが、英語もハイレベルで習得していなくてはならないという条件も踏まえると、大学卒業と同等クラスの学力が求められることになります。
当然試験を突破しなくてはならないのですが、面接も重要で、複数回の実施がほとんどです。

身体検査等もあり、また特筆すべき点としては水泳の試験も受けなくてはなりません。
これは非常時における人命救助などを想定してのものであり、接客をメイン業務とするスチュワーデスの業務内にあって、緊急時の対応が大きく求められている象徴的な内容であるかと思われます。

海外では、何メートル以上泳げるか、という厳しい基準を設けているところもあるほどです。

スチュワーデスになるには

採用試験の対策にあたっては、客室乗務員の要請専門のスクールなども数多くあるので、そういった施設で元教官やOBを講師として準備する方法も一般的になっています。

大学内で専門的な教育を行っている場合もありますが、やはり週に数日、数時間などでもスクールや通信教育を利用して合格を目指している方がほとんどです。
もちろん、専門的な勉強を全くしていないのに受かってします方もいらっしゃいます。
私の知人に、母が元スチュワーデスで、スクールに通わず合格した人が実際にいます。