スチュワーデスがメインのドラマ

スチュワーデスがメインのドラマ - スチュワーデスについて

スチュワーデスについて

スチュワーデスがメインのドラマ

スチュワーデスのドラマ

スチュワーデスを題材としたドラマは、これまで多数作製されてきました。

古いものでは、もはや決まり文句となっている「アテンションプリーズ」や「スチュワーデス物語」・「スチュワーデス刑事」などはスチュワーデスがメインとなったドラマです。
最近のものでは、「やまとなでしこ」や「CAとお呼び」などでしょうか。

やまとなでしこは、個人的にたいへん面白く感じ、私も拝見しておりました。
スチュワーデス・スッチー・CAと世相を反映した呼び名を各場面でされているのも印象に残っていますね。
これは、ご存知な方にはどうでもいい豆知識なのですが、実際航空業界においてはスチュワーデスのことを「デス」と呼ぶ方のほうが多いようです。

さて、脱線してしまいましたが、これらのドラマには実在の航空会社が関わっているものと、そうでないものがあるのをご存知でしょうか?

全日空も、日本航空も撮影協力をけっこう行っていて、どちらが協力しているかによってドラマの雰囲気も若干変わっています。
注意して見てみると面白いですよ。

実際のところ、ドラマでは華やかに描かれているスチュワーデスの日常はけっこう大変なものです。
特に、ドラマにおいては忍耐力が必要なところをあまり表現できていないように感じられます。
いえ。現実ではない、と批判するのはおかしな話ですね。「ドラマ」なのですから・・・