国内線のスチュワーデスの生活

国内線のスチュワーデスの生活 - スチュワーデスについて

スチュワーデスについて

国内線のスチュワーデスの生活

国内線のスチュワーデスの生活

国内線のスチュワーデスは短時間のフライトが多く、一日に何本も飛ばなくてはならないこともしばしばです。
そのため、生活は不規則となります。

日本の国土は狭い為、時には30分程度のフライトもあります。
一概には言えないことですが、国内線の方のほうがよりゆったりと仕事をこなせる環境である、と言えるでしょう。

乗換えが多いのは、それはそれで疲れてしまうとは思われますが。

また、国内でのステイが多数ある関係で地方の友人・知人との交流を大切にしたい人には良い職種であると言えると思います。

私の知人は、「今日は鹿児島で高校の同級生とランチ」。「来週は北海道で知人と遊ぶ」、など、フライトの合間で有意義な時間を送っているようでした。

同期のスチュワーデス仲間との交流も、国際線の方たちより盛んなように見受けられます。

国内線のスチュワーデスの生活

ただ、この友人は航空性中耳炎がひどい症状になってしまい、現在はスチュワーデスをリタイアし、アパレル関連で活躍しています。
まったく大丈夫な方もいらっしゃいますが、フライトの本数が多いと気圧の変化を受ける回数も増えてしまうものかと思います

特記すべきことではないかもしれませんが、やはり国内・国際線を問わず、空を飛ぶことは体力的にハードな仕事です。
だからこその「やりがい」もそこにはあるのだと思います。